萎んだ胸の張りを取り戻す方法

産後に胸が垂れてしまうのは、女性ホルモンなどによって脂肪が増えて胸が大きくなりますが、授乳やホルモンバランスが崩れることによって胸がもとの大きさに戻りますが、大きくなって皮膚が伸びた分だけ垂れ下がってしまうからです。


しかし、女性ならば垂れた胸はイヤなものです。そんな胸を改善するためには日頃のケアによって張りを取り戻すことが重要となります。


張りを取り戻す方法としては、妊娠から授乳終了までバストアップするためめ、ワイヤー無しの授乳ブラジャーをつけるようにします。バストサイズは変わりやすいので合っていないブラジャーを着けない無いケースも多いですが、短期間で授乳するたびに邪魔だからといってつけていなければその分重力に従って垂れてしまいますし、通常のワイヤーの入ったブラジャーを身に着けているとバストが締め付けられて乳腺に悪影響を与えてしまいます。

 

垂れ下げないためには、しっかりとバストを支える自分のサイズに合った授乳ブラジャーをつけることをおすすめします。

 

Woman Examining Breastまた、積極的に張りを取り戻すためには、バスト専用の美容液やクリームを付けてケアすることが良いとされています。胸を支えるのは筋肉と皮膚ですが、皮膚に張りがないと皮膚が伸びてしまいます。それを防ぐためにもバスト向けの効果の高いクリームや美容液を使用することによってハリと弾力を皮膚に与えることができるようになります。クリームや美容液を選ぶ場合には、効果や成分を確認して選ぶことが大切です。

 

バストを支えるには、皮膚だけではなく筋肉も重要となります。そのため筋肉を鍛えることも張りを取り戻すには有効となります。妊娠中や産後はなかなか運動ができず、筋力が低下してしまいます。胸の筋肉も低下しているため、無理の無い範囲で少しずつ体操から始めることが良いとされています。
これらの外側からのケアに加えて、バランスの良いビタミンを多く取ることを意識した食事などの内側からのケアもしていくことが大切となります。




Leave a comment